貧困対策とされ急激な最低賃金改定はそれ以上の問題を生み続ける

  1. HOME >
  2. 経営の話 >

貧困対策とされ急激な最低賃金改定はそれ以上の問題を生み続ける

賃金が上がることの現実

最低賃金の改定が続いているが生活が多少でも楽になったと言う声は今の所聞こえてない。むしろ最低賃金が上がることで企業側からの悲鳴が続いている。

ただ実際に都内での賃金で考えるのであれば、最低賃金を更に上回る時給で求人を出している企業も多数ありそれだけ人手不足が深刻となっている。人の価値が上がっていると言うことの良い事ではあるが今は人の取り合いが続いている。値下げ競争ならぬ賃上げ競争は数年前から都内では激化している。

人手不足の影響で賃金は自然と上がってきているにも関わらず最低賃金が上がり、窮地に立っている中小企業は多数ある。賃金が上がれば人件費が上がり利益減少は避けられない。賃上げ競争に参加できなければ人手不足を解消できない、人手がいないと売上は上がらないという負のスパイラルに陥る。学生アルバイトが多く締めるような店舗は扶養の問題もあり、賃金が上がったことで扶養以内で働く時間は減少する。これが更に人手不足を加速させている。

円マーク

最低賃金をもっと上げてもいいと思っている層

それでも最低賃金はもっと上げるべきだという声もネット上では多数上がっている。確かに最低賃金が上がれば給与が上がり生活は豊かになるかもしれない。ただこれは需要と供給のバランスの問題でもある。今は人口が減っているにも関わらず店舗は増え続けている。ただ近い未来店舗が減少するか、人の必要ない店舗が増え始めるだろう。そうなった場合最低賃金がいくら高くても人を必要としないのであれば仕事自体が減り給与自体を貰えなくなってしまう可能性すらある。需要と供給のバランスは今圧倒的に過剰供給状態ではあるが、供給が減りバランスが取れたとしても人が減り続ける日本では市場が縮小し続ける事を意味する。

ただし現状で言うのであれば賃金が上がると言うことは年収が上がる事であり、確かに恩恵を受けている層も存在する。ただ今の状態が長く続くとは限らない。賃金が上がり仕事が減ればまた新たな問題が発生することは間違いない。

有能で賃金に見合った人のみ採用される

これはあり得ない。

何故かというと人を選んでいられるほど余裕がある企業は少ないからである。猫の手も借りたい状態があらゆる場所で起きている。有能な人間を探すことよりも、如何に有能な人間を育てることが出来るかと考えたほうが現実的であり建設的である。一部ではAIによって人手不足は改善される、と言う話もありますがAIを導入できるような企業は一部であり多くの企業は導入費用と折り合いが合わず更に追いつめられることになるだろう。

留学生の存在

都内ではどこに行っても外国人が働いているのが日常となった。コンビニに行っても日本人がいないなんてことは普通ではあるが数年前までは考えられないような状態である、人手不足を留学生で補うの今の日本の形ではあるが、つまりAIよりも普及するのは外国人の働き手であり、向かう方向は日本が話せなくても成り立つ仕事と言うことになる。今年のオリンピックに向けて外国人を大量採用している企業もある、オリンピックでインバウンドに対しての対応であれば日本語が話せる必要がないからだ、元々言葉が通じないのあれば日本が話せる必要はない。

ただ留学生にはアルバイト(課外活動)は週28時間と定められており、この時間数を超えて働き母国へと帰国させられる留学生も後を絶たない。学業が本業(建前)でありそのために日本に来ているので当然とは言えるかもしれないが貴重な労働力を減らしていることも事実である。

結論、なぜ賃上げなのか

何故最低賃金を上げる必要があるのか。政府側の目的は消費を加速させ景気向上と貧困層への対策ではあるが実際に賃上げを行った効果は感じられない。もう一つ考えないといけないのが所得税の存在である。所得が増えれば払う税金の額も当然増えることになる。所得税を下げることの方が手取りの金額は増えて消費を上げることに繋がるようにも考えられるが、政府は税収を減らすことなく企業側に負担をかける形で消費を上げる方法を選んだ。賃上げに踏み切った以上、人件費に関しては今よりも企業の負担が減ることはない。人手不足の影響で企業が減り、賃上げの影響で企業が減るのであればこの問題に対しても新たな対策が必要となる。賃上げの効果が完全にないと判断された場合、いたずらに状況を悪化させただけになってしまう。次に打つべき手は限られているようにも思うが景気後退が続く今、今後の対応に期待したい。

  • Add to Phrasebook
    • No word lists for Japanese -> Japanese...
    • Create a new word list...
  • Copy

-経営の話

Copyright© blogtoto , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.