未来を予想しよう【ロジック】で考え仕事も私生活も効率化する方法

  1. HOME >
  2. 仕事効率化 >

未来を予想しよう【ロジック】で考え仕事も私生活も効率化する方法

上司に選択肢

全てをロジックで考える

全ての事をロジックで考えることは、一種の「未来予測」でもあります。

常に未来を予測しつつ行動することである程度の事を予測の範囲内となり、対応することが非常に楽になります。

・ロジックとは

議論の筋道。論理。また、論法。論理学。

ロジックとは考え方

今の若者に特に多く、また仕事としては出来るがそれ以外では活かすことが出来ない場合が多く見られる。「空気が読めない」というのも結局は物事の流れを考えることが出来ないからこそ起きる事です、空気が読めない人だと自分から思われたいと考える人はいないですからね。

つまり物事をロジックで考える事は作業、人間関係共に大事なことであり常に考えるべきことでもある。広い範囲で考えるんであれば人生もまた確りとロジックで考えることが大切ですね。

考えるべきロジック

ロジックツリー①

ロジックツリーを使うと非常に分かりやすいです。ロジックツリーは本来何かしらの問題の改善や、課題を解決する際に良く使われますがこれは全てのことに当てはめることが出来ます。この考え方がとても重要です!仕事だと細かく考えて実行出来る人でも、人間関係になると全く考えられない人もいますが考え方は変わりません。相手が数字や物ではなく人間になるだけはありますが、とても難しくはなります。なぜなら相手の行動が一定ではなく、相手の今の状況、感情などの背景も考えないと行動は予測出来ません。何よりも考え方は人間の数だけあるので物や数字ほど簡単ではありません。

ロジックツリー②

「会社に行ったら上司に会った」というシチュエーションを例にしてみますが、上記のようなことが予測できます。これも未来予測でありロジックツリーで考えることが出来ます。「会う」ことに対して自分が起こす「行動」次第で次に何が起きるかを予想することが出来ます。相手の行動を予測して、更に相手の行動に対して自分がどう行動するかを考えておくことが未来予測となります。

ロジックツリー③

さらに広げたのが上記のロジックツリーです。コミュニケーションを取るということは相手に対しての何かしらの印象を与えることになります。当然、悪い印象を与えるよりも良い印象を与えたと思います。そこでこの予想で何をすれば相手に対して良い印象を与えることが出来るのかが分かります。正解は複数ありますが、それは状況や相手との現在の関係なども関係しており上記のロジックほど人間関係は単純ではないですからね。

上記のようなマインドマップ・ロジックツリーが簡単に無料で作れるサイト⇒Xmind

全ては「行動」に対しての「結果」を予想して最善の「行動」を考えることにあります。
これはリスクマネジメントとしても大事な考え方です。

このロジックで考えられない人は、物事を全て「点」だけで考えており、次の物事に繋がっていないその為、応用が利かない。
ロジックで考える人間は物事の「点」からつながる「線」まで考えることが出来ている人。

ここまでの事が当たり前だと思うかもしれませんが、出来ていないからこそ物事は上手くいかないんです。
全てのロジックを考えて動くことは非常に難しいですが、このロジックをどこまで考えて行動できるかが仕事や人間関係を上手く進めるためには大事です。

今からでも実践できることなので常にロジックで物事を考えられるように意識して行動が出来ると良いですね。

会議する人達
良い上司になり成果を上げたい管理職の為のコミュニケーションの取り方

続きを見る

-仕事効率化

Copyright© blogtoto , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.